住まい

日本の家はビニールハウス?住まいと健康について考える

重要度
★★★★★
費用

日本人の8割は、ビニールハウスに住んでるってご存知ですか?

 

家って当たり前にそこにありますが、

実は、どんな家に住んでいるかって、意外と知らないものです。

 

この記事を最後まで読むと、

①住まいの知られざる実情がわかります。

そして、

②家族の健康に与える影響について知ることができます。

 

もしも、あなたがこれから新築やリフォームを考えている場合はもちろん、

家族に、ぜんそく、アトピー、アレルギーの人がいるなら、

ぜひ最後まで読んで下さい。

 

日本の家は、控えめに言ってビニールハウス

ビニールハウスって、イメージ湧きますか?

農業で活躍する、これです。

 

いやいや、家って木造でしょ?

どこがビニールハウスだって言うの!?

 

この画像を見てもらえば、納得いくはずです。

30年以上の実績と信頼を誇る住宅外壁下地用シート デュポン™タイベック®ハウスラップ 実績と信頼で約400万棟以上に採用。日本の家の長寿命に貢献しています。 透湿性、防水性、強度 の優れた特徴で雨水の浸入を許さない

(出典:https://www.tyvek.co.jp/construction/product/housewrap/)

屋外側の防水シート

木造住宅の多くは、

外壁(サイディング等が貼ってある、一番外側の壁)と

内壁(ビニールクロス等が貼ってある、一番内側の壁)の間に

断熱層があります。

 

外壁と、断熱材の間には、この画像のような防水シートが貼られているのです。

これ、素材はポリエチレンです。

ビニールとは言いませんが、プラスチック素材です。

 

断熱材(グラスウール)は、湿気を含むと断熱性能が落ちてしまいます。

そのため、防水シートで水気が入ってこないようにガードしているんですね。

 

内装の壁紙=ビニール

そして、内壁にはビニールクロスが使われるケースがほとんど。

ビニールクロスというだけに、素材は塩化ビニルです。

壁紙のりなしビニールクロスシンコールBEST織物調BB1043

外壁を防水シート

内壁をビニールクロス

ダブルで包んでいる日本の住宅。

 

ビニールハウスに住んでいるという意味が

わかってもらえたでしょうか。

壁が呼吸しないから息が詰まる

本題はここからです。

 

家の素材もノンプラが良いよねー

と言いたいわけではなく…

 

家族の健康上のトラブルが、プラ素材の建材と関係している

かもしれないんです。

 

ビニールハウスに入ったことがある人はわかると思いますが…

あの中って、もわっと湿気や熱がこもっていますよね。

まるでサウナの中にいるような、息苦しい空間です。

そして、一歩ビニールハウスの外に出ると、

呼吸が軽く、清々しかったはずです。

 

それほどに、プラ建材は、密閉効果が高いんです。。

 

その結果…

・湿気がこもってジメジメする

・布団や家具が湿気ってカビが生える

・建材や家具に使われた化学物質が、屋内にこもる

・スプレーや洗剤等の化学物質も、屋内にこもる

 

そして…

呼吸器(気管支や肺)、皮膚、粘膜(ノドや眼)に刺激を与えます。

 

こうした住まい、暮らし方の影響が、

ぜんそく、アトピー、アレルギーの増加という形で現れているのでは?

 

これ、小児科医、健康住宅を手掛ける工務店、自然素材のメーカー等々、

様々な分野の専門家が指摘していることです。

 

家は、小さな子どもにとっては、一日の大半を過ごす空間です。

その空間の空気が、カビや化学物質が漂う

汚い空気だったとしたら…

 

何とかしてあげたいですよね(><)

 

今回の記事では、見落としがちな住まいのマイナス面についてお伝えしました。

別途、対策についてもお伝えしていきます。

 

PS.だから化学物質は最小限に!

建材の話をメインでしましたが…

プラ建材は嫌だから、撤去しよう!とは考えないでくださいね。

 

空気がこもりがちだという事実を知ったうえで、

まずできるのは、空気質を悪化させる

化学物質(洗剤やルームスプレー等)を使わない暮らしに

シフトすることが最優先です。

 

そのための簡単なアイディアについても、お伝えしていきます♪

ポイント

☆日本の住まいの大半は、プラ素材で囲まれた「ビニールハウス」的な空間

☆空気がこもるので、ぜんそく、アトピー、アレルギー等への影響が…

☆だから、まずは化学物質フリーな暮らしにシフトしよう!