BLOG

ここに説明を入力します。
ここに説明を入力します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 取扱いブランド
  4. ecoffee cupで札幌をECOカフェな街に!

ecoffee cupで札幌をECOカフェな街に!

Pocket

マイボトルやマイカップ

あなたは使っていますか?

当たり前のように売られているけど、使うと意外とストレスが多いんです。

蓋の開け閉めがしにくかったり、デザインが微妙だったり…

そんなストレスを消してくれるのがecoffee cupです。

竹から生まれたecoffee cup

カップ本体は竹由来の素材。

蓋とスリーブはシリコンでできているecoffee cup。

いずれも自然に還る素材でできた、名前の通りECOなコーヒーカップです。

 

世界各国で愛飲されるコーヒーですが…

年間いくつのコーヒーカップがゴミとして出ているかご存知ですか?

1億個?

10億個?

100億個?

いいえ。

答えは1000億個です。

考えてもみてください。

毎日1杯、ス○バなり、コンビニなりでコーヒーを買ったとしましょう。

すると、1人で年間365個コーヒーカップを使っていることになります。

地球上の仮に100人に1人がそんな生活をしていたとしたら…

1277億になります。

1000億個という数字は非常にリアルな現状と言えます。

 

コーヒー豆自体は、フェアトレードやオーガニックという選択肢が増えているのに

コーヒーカップがこれではいけない!

コーヒーを愛するものとして、何かアクションをしなければ!

 

こうした想いで生まれたecoffee cup。

自然に還る素材でできていること

繰り返し使えることはもちろんGOOD!!

 

さらに、竹という素材を使っているという点で、とてもECOです。

ecoffee cupに使われる竹は、持続可能な方法で管理されている竹林の竹を使っています。

木は一度切り倒すと、再び育つまでに数十年が必要です。

一方、竹は3年もあれば十分に育ちます。

バンブークリア同様、地球への負荷が少ない素材なのです。

 

サイズは3種類。

デザインはそれぞれのサイズ毎に3~8種類もあります!

あなたのスタイルや好みで気に入ったバリエーションを選んでください♪

藤沢はすでにECOカフェな街に!!

神奈川県藤沢市。

ノンプラスチックを扱うエコストア・パパラギさんでもecoffee cupを扱っています。

販売を始めてから、藤沢界隈に面白い変化が起きたそう。

 

カフェにecoffee cupを持ってやってくるお客さんが増え

「そのボトル何?」

「おしゃれだよね!」

「へ~ECOなグッズなんだ!」

「なるほど!マイクロプラスチック問題ってのがあるんだね!」

「それなら、うちで出してるクッキーの包装を見直そうかな」

「うちではくっきーもばら売りすることにしたよ!」

という流れで

ecoffee cupがきっかけのECOカフェブームが起こっているというのです!!

 

元々はせっかく使うなら、デザインを気に入ったエコカップを使いたい!

というファッション的な目線から始まるECOブーム。

素敵だと思いませんか?

 

 

札幌も、それぞれ魅力にあふれたカフェが多い街。

しかも人口は200万人もいます。

コーヒー好きな人たちが、それぞれ気に入ったデザインのecoffee cupを持ちカフェを行き来する。

そして、カフェの店主さんたちがノンプラ生活の面白味や意義を知り

ノンプラのストローを取り入れるようになったりしたら…

少しずつ着実に、札幌はECOシティに変わっていきます。

それがPLANASISTAの密かな野望です。

関連記事

店主プロフィール


プラナシスタ店主の新谷 暢敏(あらや のぶとし)です。

ノンプラ&ノンケミカルな暮らしを実践しています。
環境留学&商社でのバイヤー経験を活かして集めた”最高にシンプルで便利なノンプラアイディア”をご紹介しています。

プラナシスタのWEBストア